プロフィール
略歴
昭和33年 3月 京大法学部卒業
36年 4月 検事任官(札幌・旭川・大津各地検に順次勤務)
40年 4月 大阪地検検事
41年 4月 大阪地検特捜部検事(大阪タクシー汚職事件摘発)
42年 8月 法務省刑事局付検事(財政経済事件・公害事件担当)
47年 2月 在アメリカ合衆国日本国大使館一等書記官
(ウォーターゲート事件フォロー)
51年 4月 東京地検特捜部検事(ロッキード事件担当)
59年 11月 法務大臣官房人事課長(司法改革に着手)
63年 4月 甲府地検検事正
平成2年 6月 法務大臣官房長
3年 11月 退職、弁護士登録
さわやか法律事務所及びさわやか福祉推進センター
(同7年4月、さわやか福祉財団となる)開設、同センター所長
7年 4月   財団法人さわやか福祉財団理事長
22年 4月   公益財団法人さわやか福祉財団理事長
26年 7月   公益財団法人さわやか福祉財団会長
現、公益財団法人さわやか福祉財団会長・弁護士。高齢社会NGO連携協議会(高連協)代表、民間法制・税制調査会座長、認知症になっても安心して暮らせる町づくり100人会議議長、日本プロサッカーリーグ裁定委員会委員長ほか。その他、東京の地域ケアを推進する会議委員長、社会保障改革に関する集中検討会議委員、社会保障審議会委員、教育課程審議会委員、医道審議会委員、中央社会福祉審議会委員、国民生活審議会委員、年齢にかかわりなく働ける社会に関する有識者会議委員、神奈川県ボランタリー活動推進基金審査会会長、高齢者介護研究会座長、政府税制調査会委員、東京都社会福祉協議会会長、日本ファンドレイジング協会代表理事ほかを歴任。
このページの先頭へ
サイトマップ トップページへ