政治・経済・社会
(財)さわやか福祉財団ホームページへ
 
提言 生き方・その他
更新日:2009年10月14日

家族の絆を深める家

 天窓の青空、差し込む日の光のやすらぎ。台所と洗濯機と物干しとお風呂とトイレが一列につながり、だから、お料理と洗濯と子どものお風呂の見守りが一度に出来る。幼い子どもがどこで何をしているかがいつもわかり、子どもからすれば、何をしていても親の姿がどこかに見える。
 そんな家が、あればいいと思いませんか。
 お風呂とトイレがつながっているから、認知症の祖母の下の世話が一手間で済む。
 親は、二階の隠れ部屋のベッドに、疲れた身をしばし横たえることができる。窓から見える比叡の山。部屋の空間は、吹き抜けを通して階下につながっているから、階下で遊ぶ子どもたちの気配が伝わる。
 家族が、それぞれのことをしながら、いつもつながっている家。
 自然の素材ででき、風と光が通り抜ける家。
 それが、京都の岩倉に、宇津ア光代さんがつくり上げた、つながりの家である。
 三人の子育てをし、夫の建築業を手伝い、介護もした彼女は、男のつくる家にどうしても納得できなかった。暮らすのに、なぜこんなに不便なのか。そして、なぜこんなにばらばらに暮らすようにできているのか。疑問に答えるため、広く学んだ経験が、働きざかりの夫の死を越えて、世の中に生かされることになる。彼女は、「住まいで家族の絆が深まる」という思いを人々に伝える伝道師となり、NPO「次世代の家と社会をつくる会」を設立した。
 「抱きしめるだけで愛は伝わる」とは、彼女と娘友見さんの著「大丈夫だよ、お母さん」(いろは出版)の中の言葉である。暖かく育てた娘二人は、彼女の会社ミセスリビング(TEL075‐705‐0707)の共同代表となっている。家を見学にきた女性たちは、「これこそ私の欲しかった家」と言って涙をこぼすそうである。よくわかる。
(京都新聞コラム「暖流」2009年9月27日掲載)
バックナンバー   一覧へ
 [日付は更新日]
2009年7月8日 歌って元気に
2009年7月1日 半世紀溜まった涙−『禁じられた遊び』
2009年6月13日 色紙に書く座右の銘 「夢」
2009年6月10日 私の好きな一句
2009年6月 5日 「夕陽を織る」を読んで
2009年5月18日 高齢者も裁判員をやろう
  このページの先頭へ
堀田ドットネット サイトマップ トップページへ